いろんな納骨 | 東京で供養するなら機械式の納骨堂が1番!

東京で供養するなら機械式の納骨堂が1番!

いろんな納骨

incense trees are lit

納骨堂がどういった設備があるのかご存知でしょうか。東京で探している人もそうでない人も、まずは納骨堂についての基礎知識を持っておいたほうがいいです。そのほうが実際に探す時に候補を絞りやすくなります。東京なんて大都市で探すなら尚更です。納骨堂にはいくつかのバリエーションがあります。大きく分けて、仏壇式、ロッカー式、位牌式、合葬式、機械式とあります。仏壇式は2段構成になっており、上には仏壇があり、下には骨壷を入れられるようになっています。この仏壇はしっかりと作られていてるので非常に立派です。しかしその分、家族で受け継ぐこともあり、他の納骨堂よりかは値段が高くなります。
ロッカー式はまるでロッカールームのようにいくつもの壇が並んでいます。1人ずつでの安置であるため、費用は安く済みます。
位牌式は、仏壇の周りに位牌を立てる場所がいくつも用意されています。基本的に骨壷は別室に置かれます。こちらも費用は安いです。
合葬式は、他の人の遺骨と一緒に供養してもらうことになります。この方式がもっとも費用が安く済みます。しかし遺骨をまとめてしまうので改葬などが出来なくなってしまうので注意してください。
最後に機械式は、専用のカードがあるので、それを使うと自動で遺骨が参拝ルームに移動し、お参りの準備を整えてくれます。近代的なので、その分さまざまな設備が充実しています。
私としては東京で探すなら機械式が良いのではないかと思います。東京であれば設備の整った納骨堂はたくさん見付かると思います。その中でもより充実しているとすれば、最新式の納骨堂だからです。