お金で比べよう! | 東京で供養するなら機械式の納骨堂が1番!

東京で供養するなら機械式の納骨堂が1番!

お金で比べよう!

but tombstone in cemetery

納骨堂とお墓ではどれくらい値段に差があるか気になりますよね。東京の場合で考えますと特にその差が大きく出てくると思います。東京は土地が高いですからね。お墓は墓石代の他に永代使用料という名の土地代も必要になってきます。東京23区内だと1平米弱で約200万円ほど掛かる場合があります。墓石はだいたい80万~200万円くらいです。それ以外にも入檀料が必要になるケースもあります。彫刻代なども掛かる場合もあります。ただでさえ大きな額が必要なお墓ですが、東京だと土地代のこともあり、より一層お高くついてしまいます。なのでやはり比較的安価な納骨堂を利用するのがオススメです。
納骨堂はバリエーションによって値段も大きく変動します。仏壇式とロッカー式はだいたい50万円くらいになります。しかしこれは1人用の場合で、家族用の場合は約100万円くらいです。探せば30万円など、もっと安い場所もあります。ですがあまり安すぎるのも不安なので50万円くらいを目安に考えたほうがいいかもしれません。
合葬式は約10万円からあります。自分たちの固有のスペースなどが必要ない分、かなり安く済みます。費用を出来る限り抑えたいのであれば合葬式が1番良いでしょう。
機械式はだいたい70万円からが相場のようです。設備が充実している分、他の種類よりも少々値が張ります。しかし、お墓よりも費用を抑えて、なおかつ豪華なものにしたければ機械式の納骨堂が1番良いでしょう。